柏 ジャスミン 若妻セラピとのグレーな駆け引きに興奮!

性欲がヤバすぎると、メンエスに使うお金も増えるね。まあ、10月、11月は寒くなってきて、メンエス店は閑散期だろうから、お店は喜ぶだろうね。

 

ワタクシも性欲が高まりすぎると、メンエスにお金に使いまくってしまう癖がある。多い時は月15万くらい。ホントにアホなアラフォーだこと。

 

そういう時は「豆乳」を飲んで、女性ホルモンを増やしたり、少しばかりの無駄な努力はしているのだ。

 

豆乳を飲むと、男性ホルモンが減って性欲も減退するらしい。EDの人は、絶対に飲まないほうがいいけども。

 

さて、久しぶりに今日はこのお店だ。

 

*********

お店の名前:ジャスミン

最寄り駅:柏駅

行った時期:2022年10月

コース時間:90分

料金:18K

嬢の名前:ちひろ

見た目年齢:30代半ば

*********

 

いつものマンションの前から、オートロックで呼び出し。

 

ドア開けてご対面だ。おっ、なんとも妖艶な雰囲気のオネエ様だこと。おそらく30代の中ば〜後半くらいだろうか。

 

しっかりと色気が出てきているお年頃。写真では分からなかったが、OPAIがボイーンだ。Fカプくらいありそうかな。かなりのボリューム感だ。

 

「はじめまして、ちひろです。ヨロシクお願いします♪」と元気にご挨拶をしてくれた。こういう若い人妻系のセラピさんが、ワタクシは好みだ。意気揚々とシャワーを浴びる。

 

シャワーから出たら、ミニワンピでお出迎え。OPAIとブラがおさまりきらなくて、はみ出てて、これまたエロいね。。。

 

指圧はないようだ。すぐにオイルを足から投入。

 

最初は普通のオイルトリートメントだったが、カエル足・四つん這いから豹変。エロに対する好奇心があるように感じる内容だ。

 

メンエスを始めてまだ3ヶ月くらいということだった。会話も近所の綺麗な奥さんとお話してるみたいで、ナチュラルな感じで楽しい。

 

実際に、本物の人妻さんらしいが、旦那さんとは夜の生活はずっとないということを、それとなく教えてくれたw

 

少し興奮を覚えつつ、ワタクシも知らこい顔して、「あーそうなんですねぇ、それは寂しいですよね〜」などと言って慰めてあげたら、喜んでいた。

 

すると、そこからは急にセラピも心を許してくれたのか、ワンピースがめくれ上がってもぜんぜん気にしない様子。最後は、おパンツが丸見え状態へ。あらっ、あらっ。

 

そのまま、ワタクシはあお向けで鏡を見ながら楽しんでいたら、ふとワタクシのかかとに、嬢のおパンツの大切な部分をスリスリしてくる。

 

おっ、これはもしや!と思ったけども、またもや知らこい顔して施術を受ける(笑)

 

すると、だんだんジットリと嬢のアソコが濡れているのが伝わってきた。嬢も、黙って施術を継続しているから、それが逆に興奮する。まあ、エッチな光景だこと。

 

あお向けコール。そこからはワタクシのお腹の上に乗っかって、TKBをずっとサワサワしてくれた。

 

ワタクシは初対面ではMに徹するのだが、あまりにも興奮したので、OPAIに手をやったら、嬢も少し興奮して目がとろーんとなっている。

 

すると、嬢が突然覆いかぶさってきて、ワタクシの上でハアハア言い始める。そして、ワタクシの首筋をペロペロしてくれた。

 

すると嬢から「普段は、あんまりここまでやらないんですけどね」とのコメント。

 

こちらもかなり興奮がMAXになってきたので、オイタを試みようと、徐々に攻めつづける。お互いがお互いを貪る時間が、5分くらいつづく。

 

途中、嬢が笑いながら「私って変態ですよね」と恥ずかしそうにしている。そんなことないよとフォローを入れてあげた。

 

そんな楽しい時間はすぐに過ぎてしまい、気づいたら80分が経過。「もうシャワーの時間だから、初回はこれくらいまでね♪」と、これまた意味深なコメント。

 

2回目ルールがあるのかどうかは、わからない。しかし、若妻セラピとのグレーな駆け引きは大変楽しい時間だった。

 

 

おすすめの記事